PR

ニュース 社会

台風10号 6日沖縄、7日九州へ 鹿児島に特別警報の可能性

台風10号の影響で、鹿児島県奄美市の海岸に打ち寄せる高波=5日午後6時51分
台風10号の影響で、鹿児島県奄美市の海岸に打ち寄せる高波=5日午後6時51分

 大型で非常に強い台風10号は沖縄・大東諸島を経て6日には沖縄・奄美に接近し、7日には鹿児島県に接近・上陸する見通しとなった。気象庁は5日、最大級の警戒を呼び掛けるため、6日午前に奄美を除く鹿児島県へ台風による暴風、波浪、高潮の特別警報を発表する可能性があると明らかにした。発表されれば沖縄県以外では初めて。

 特別警報は中心気圧930ヘクトパスカル以下か最大風速50メートル以上(沖縄、奄美、小笠原諸島は910ヘクトパスカル以下か60メートル以上)の台風が迫ると、前もって発表される。台風10号の中心気圧は鹿児島県に接近・上陸する時点で930ヘクトパスカルとみられている。鹿児島県以外でも記録的な大雨、暴風、高波、高潮の恐れがあり、気象庁が警戒を呼び掛けた。

 台風接近に備え、7日は山陽新幹線が広島-博多間、九州新幹線が全線で終日の計画運休に踏み切る。東海道新幹線も一部の運休や行き先の変更を実施する。空の便は沖縄各地の発着便を中心に欠航が相次ぎ、6日以降はさらに増える見通し。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ