PR

ニュース 社会

山陽新幹線 7日に広島-博多間で終日運休 台風10号警戒呼び掛け

台風が接近する鹿児島県奄美市で、消波ブロックに当たって砕ける波=5日午前9時41分
台風が接近する鹿児島県奄美市で、消波ブロックに当たって砕ける波=5日午前9時41分

 非常に強い台風10号は5日、次第に進路を北寄りに変え、発達しながら沖縄・奄美に向かった。6日には特別警報級の勢力で沖縄・奄美に最接近の見通し。重大な災害につながる記録的な大雨・暴風の恐れがあり、気象庁は早めの避難の決断を含む最大級の警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、台風は5日中にも勢力を「猛烈」に強め、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速が80メートル(時速288キロ)に達する見通し。中心気圧は915ヘクトパスカルまで低下し、大幅な海面上昇で高潮につながる恐れもある。沖縄・奄美に接近後も勢力を保ち、九州に接近しそうだ。上陸する可能性もある。

 JR西日本は5日、台風接近に伴い、山陽新幹線の広島-博多間で7日は運転を取りやめると発表。新大阪-広島間は列車の本数を減らして運行する。空の便にも影響が広がり、沖縄各地の空港を発着する便を中心に欠航が相次いだ。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ