PR

ニュース 社会

「犠牲者脳裏を離れない」 北海道地震2年で追悼式

北海道厚真町が主催した追悼式で、追悼の辞を読み上げる宮坂尚市朗町長(奥中央)=5日午前
北海道厚真町が主催した追悼式で、追悼の辞を読み上げる宮坂尚市朗町長(奥中央)=5日午前

 関連死を含め44人が犠牲になり、国内初の全域停電を招いた平成30年9月6日の北海道地震から2年となるのを前に、最大震度7を観測して大規模な土砂崩れなどで37人が亡くなった厚真町で5日、追悼式が開かれ、宮坂尚市朗町長が「犠牲となられた皆さんのことは一時も脳裏を離れることはない」と追悼の辞を読み上げた。

 宮坂町長はその上で「多くの課題が残されているが、復旧復興を着実に進め、厚真町再生の歴史を全世代とつづっていく」と述べた。町は役場近くの総合福祉センターに祭壇と献花台を設置。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、献花のみにする予定だったが、8月に町長が追悼の辞を読み上げる内容に変更した。

 厚真町では8月末時点で、仮設住宅に92世帯計210人が暮らしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ