PR

ニュース 社会

紀伊半島豪雨9年 和歌山・那智勝浦や新宮で追悼行事

献花し、手を合わせる和歌山県那智勝浦町の遺族会代表、岩渕三千生さん
献花し、手を合わせる和歌山県那智勝浦町の遺族会代表、岩渕三千生さん

 和歌山県内では計61人が死亡・行方不明となった平成23年9月の紀伊半島豪雨から9年。県内各地で大きな被害が生じた4日、那智勝浦町や新宮市で追悼行事が行われ、遺族や関係者が犠牲者を悼んだ。

 29人が死亡・行方不明となった那智勝浦町では、被害が大きかった井関地区の「紀伊半島大水害記念公園」で、土石流が起きたとされる午前1時に遺族らが黙(もく)祷(とう)したのに続き、午後1時半からは町の遺族会代表、岩渕三(み)千(ち)生(お)さん(59)と堀順一郎町長の2人がサイレンとともに黙祷、続いて献花した。

 午後は例年、慰霊祭として被災地区の区長や住民らも出席。昨年は114人が集まったが、新型コロナウイルス感染のリスクを避けるため、多人数が訪れる式典を中止した。ただ今年はろうそくは手作りされなかったものの、昨年製作された29個をともした。

 岩渕さんは「この災害が起きたことを忘れさせてはだめ」と強調、「(豪雨から10年となる)来年に向けて頑張る」と気持ちを新たにした。堀町長は「改めて防災・減災に努めたいと思う」と述べた。

 14人が死亡・行方不明となった新宮市では、熊野川町日(ひ)足(たり)の市熊野川行政局で追悼献花が営まれた。田岡実千年市長ら関係者約30人が花を捧げて犠牲者らの冥福を祈るとともに、「災害に強いまちづくり」を誓った。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ