PR

ニュース 社会

高松の2女児放置死 逮捕の母親は3日早朝まで飲酒か

女児2人が乗っていた乗用車。個人宅の車庫前に止まっていたが、警察が移した=3日午後、高松市
女児2人が乗っていた乗用車。個人宅の車庫前に止まっていたが、警察が移した=3日午後、高松市

 高松市内で車に女児2人を放置し死亡させたとして、香川県警が4日、保護責任者遺棄致死の疑いで、母親の無職、竹内麻理亜容疑者(26)=高松市川島東町=を逮捕した事件で、2人を車に残したまま竹内容疑者は2日夜から3日早朝まで飲酒していた疑いのあることが4日、県警への取材で分かった。県警によると、竹内容疑者は2人を長時間車内に残したまま、複数の飲食店で酒を飲んだ疑いがある。調べに対し黙秘しているという。

 亡くなったのは、いずれも幼稚園児で、長女の真友理(まゆり)ちゃん(6)と次女の友理恵ちゃん(3)。3日午後に意識不明の状態で見つかり、搬送先の病院で死亡した。熱中症とみられ、県警は司法解剖して詳しく調べる。

 逮捕容疑は2日午後9時~3日午後0時40分ごろまでの間、市内の駐車場に止めた乗用車に2人を置き去りにし、死亡させたとしている。

 県警によると、竹内容疑者は3日早朝まで酒を飲んでいたとみられる。その後、車を駐車場から路上に移動。後部座席で2人がぐったりしているのに気づいて3日午後に119番した。3日の同市の最高気温は9月としては過去最高の37・6度だった。

 竹内容疑者は夫と娘2人の4人家族。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ