PR

ニュース 社会

地震で福井県が災害対策連絡室設置、小中学校で天井落下

福井県で観測された震度5弱の地震について緊急記者会見を行う気象庁の加藤孝志火山課長=4日午前、気象庁
福井県で観測された震度5弱の地震について緊急記者会見を行う気象庁の加藤孝志火山課長=4日午前、気象庁

 福井県坂井市で震度5弱を記録した地震で、県は4日、災害対策連絡室を設置した。杉本達治知事は同日午前の記者会見で「福井地方気象台と連携し、余震の可能性を含めて十分に注視する。県民は命を守る行動を取ってほしい」と呼び掛けた。

 県によると、坂井市やあわら市の小中学校で天井などが落下する被害が出ている。火災や停電などの情報はないという。

 坂井市安全対策課の担当者は「最初に縦に大きく揺れた後、揺れが数十秒間続いたが、市役所内で物が落ちるようなことはなかった」と話した。

 地震のため、福井市と坂井市を結ぶ、えちぜん鉄道は全線で一時、運行を見合わせた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ