PR

ニュース 社会

元組員、男性射殺認める 東京地裁で初公判

 東京都新宿区歌舞伎町のカラオケ店で昨年1月、韓国籍の李興宗(り・こうぞう)さん=当時(65)=を拳銃で射殺したとして、殺人罪などに問われた指定暴力団住吉会系元組員、阿部勝被告(57)の裁判員裁判の初公判が4日、東京地裁(楡井英夫裁判長)で開かれた。阿部被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 阿部被告は事件当時、覚醒剤取締法違反罪で起訴され保釈中だった。

 検察側は冒頭陳述で、阿部被告が覚醒剤の常習者で、保釈中に女性をめぐるトラブルで李さんを殺害したと指摘。逃亡中にも覚醒剤を使用しており「反社会的だ」と批判した。弁護側は、トラブルについて李さんと交渉したが、らちが明かず殺害したと説明した。

 起訴状によると、昨年1月21日午後6時半ごろ、カラオケ店内で、持っていた拳銃を李さんに向けて3発発射し、左胸などに命中させ殺害したとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ