PR

ニュース 社会

同僚に大麻譲渡の大阪府警元巡査に懲役1年6月求刑 大阪地裁

 自宅で大麻を所持し同僚に譲り渡したなどとして、大麻取締法違反(所持)と麻薬特例法違反の罪に問われた大阪府警堺署元巡査の蔵川涼太被告(22)の論告求刑公判が3日、大阪地裁(船戸宏之裁判官)で開かれた。検察側は「警察の社会的信用を著しく低下させた。身勝手な動機に酌量の余地はない」として懲役1年6月、追徴金6万円などを求刑。弁護側は執行猶予付きの判決を求め結審した。判決は16日。

 起訴状によると、4~5月、大阪市や大阪府岸和田市の路上で、西堺署の巡査2人に大麻のようなもの計約12グラムを計6万円で譲り渡し、自宅で大麻約0・16グラムを所持したとされる。

 府警は6月、被告と西堺署の巡査2人のほか、別に大麻を使用していた南署の巡査の計4人を懲戒免職処分としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ