PR

ニュース 社会

新潟39度超、日本海側猛暑 フェーン現象か

前のニュース

気象庁=東京都千代田区(鴨川一也撮影)
気象庁=東京都千代田区(鴨川一也撮影)

 日本列島は3日、日本海側を中心に気温が上昇し、午前中に新潟県三条市で39・5度、同県胎内市で39・1度を観測した。気象庁によると、山越えの風が熱を帯びて吹き下ろすフェーン現象が原因の可能性がある。山形県鶴岡市、石川県羽咋市、富山市、秋田県にかほ市などで38度を超えた。

 日本海を北上中の台風9号に向かって東シナ海から暖気が吹き込み、太平洋高気圧の縁を回る暖かく湿った空気も流れ込んだ。太平洋側では雨が降った地域もあった。

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ