PR

ニュース 社会

「妻と離婚したかった」55歳男、反対され殺害か

 三重県桑名市の木曽川西岸で岐阜市のパート、稲見美紀さん=当時(56)=の他殺体が見つかった事件で、殺人の疑いで再逮捕された夫の勝利容疑者(55)が「(美紀さんと)離婚したかった」との趣旨の供述をしていることが3日、捜査関係者への取材で分かった。桑名署捜査本部は、美紀さんが離婚に反対したことが事件につながった可能性があるとみて調べている。

 夫婦の知人によると、2人は、勝利容疑者の浮気が原因で、事件の1年ほど前から関係が悪化。勝利容疑者は離婚を望んだが、美紀さんは応じなかったという。

 勝利容疑者は7月29日ごろ、岐阜市の自宅マンションで美紀さんの首を絞めて殺害した疑いがあるとして、今月2日に再逮捕された。首にはひも状のもので絞められた痕があり、死因は窒息だった。

 美紀さんの遺体は7月30日に見つかり、捜査本部は8月12日に死体遺棄容疑で勝利容疑者を逮捕した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ