PR

ニュース 社会

克行被告が「最終的に了承」 河井夫妻公判、参院選めぐり秘書証言

(左から)河井克行被告、河井案里被告
(左から)河井克行被告、河井案里被告

 昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反の罪に問われた前法相で衆院議員、河井克行被告(57)と妻で参院議員、案里被告(46)の第4回公判が2日、東京地裁(高橋康明裁判長)で開かれた。克行被告の藤田一(はじめ)公設第1秘書が、前日に続いて証人として出廷。克行被告の弁護側の尋問で「参院選のすべてを掌握するのは克行被告にも難しい。最終的に了承するのが克行被告だった」と述べた。

 検察側は、克行被告が選挙運動全体を取り仕切る「総括主宰者」に当たるとして起訴。藤田秘書は前日の検察側の尋問で「選挙全体の取りまとめ役は克行被告だった」と説明していた。

 克行被告が総括主宰者に当たらないと主張する弁護側は、陣営スタッフの人選などで克行被告の「指揮」が及んでいない部分があるのではないか、などと尋ねた。藤田秘書は「克行被告がすべてを掌握するのは難しい。そのために役割分担がある」とした上で「最終的に了承するのが克行被告だった」と証言した。

 また、参院選公示前に行ったチラシ配りなどの活動は「参院選で結果を出すためだった」としていたが、この日は「具体的な投票依頼はしなかった」とした。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ