PR

ニュース 社会

「コロナで休みになり暇」暴走疑いで高校生ら17人摘発 大阪

大阪府警本部
大阪府警本部

 今年3月下旬に道路をバイクで信号無視したり集団で広がって走ったりしたとして、大阪府警は、道交法違反(共同危険行為)などの疑いで、府内の男子高校生(17)ら15~20歳の男女17人を逮捕、書類送検した。このうち数人は新型コロナウイルス感染拡大を受け「学校や仕事が休みで暇だった」などと話しているという。

 府警によると、会員制交流サイト(SNS)を使って暴走行為を呼び掛け、集団で危険走行を繰り返していたとみられる。男子高校生ら3人は無免許だった。

 逮捕、書類送検容疑は3月21日深夜~翌22日未明、堺市西区や大阪府岸和田市小松里町で信号無視するなど、バイクで集団暴走したとしている。防犯カメラの映像を解析し、17人全員を特定した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ