PR

ニュース 社会

山形大雨被害399億円に インフラや農産物

 最上川などで河川氾濫が相次いだ7月の記録的な大雨で、山形県は2日、農業・商工業関係やインフラなどの被害額が399億円に上ると明らかにした。前回のまとめから122億円増え、今後の調査でさらに増加する見通しだ。

 内訳は、農道ののり面崩壊や揚水機場の浸水など農業用施設が1414カ所で54億円、製造業や飲食店、宿泊施設など商工業関係121事業者で10億円となった。道路や河川などインフラでは県、市町村管理を合わせて264億円だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ