PR

ニュース 社会

刺し傷23カ所、強い恨みか 中野女性刺殺 

女性の遺体が見つかったマンション=30日午後、東京都中野区(萩原悠久人撮影)
女性の遺体が見つかったマンション=30日午後、東京都中野区(萩原悠久人撮影)

 東京都中野区白鷺のマンションで30日、住人の野口麻美さん(38)が殺害された事件で、司法解剖の結果、顔や首など計23カ所を刺されていたことが31日、警視庁野方署への取材で分かった。致命傷とみられる背中の刺し傷は肺にまで達しており、同署は、野口さんの遺体発見直前に自殺したとみられる元交際相手の男(34)が強い恨みを抱き、襲撃した可能性があるとみて調べている。

 同署によると、野口さんの死因は肺を刺された出血に伴う窒息と失血とみられ腕には抵抗した際にできる防御創もあったという。

 野口さんは渋谷区の洋菓子店でパティシエとして働いており、元同僚で別の洋菓子店を経営していた男と交際。男は野口さんを殴り負傷させたなどとして昨年8月に書類送検され、交際関係も解消していた。

 捜査関係者によると、男は30日午前4時ごろ、野口さんのマンションを出る姿が防犯カメラに写っていた。脚立を使い、2階の野口さんの居室のベランダに上り、無施錠の掃き出し窓から室内に侵入したとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ