PR

ニュース 社会

全壊確率、停電日数を診断 ウェブで地震被害予測

 防災科学技術研究所(茨城県)と日本損害保険協会は31日までに、30年以内に大地震が起きる確率とその場合の建物全壊の確率、停電や断水の予測期間などがすぐ分かる「地震10秒診断」をウェブ上で公開した。住所を入力すれば国内各地の状況が分かる仕組み。地震後の生活を具体的にイメージし、備えてもらうことを狙っている。

 地震の確率は防災科研の研究から、ライフラインの復旧日数は過去の事例を参考に算出した。

 震度は「5弱」から「7」までの5段階から選べるが、確率が30年以内3%に満たない場合は選択できない。電気、ガス、水道の復旧速度は3段階で設定できる。いずれも火事が起きやすい冬の午後6時の地震を想定している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ