PR

ニュース 社会

隣接ラジオ3局が連携協定 「防災の日」に発効

 ラジオ福島(福島市)と茨城放送(水戸市)、栃木放送(宇都宮市)の隣接する県域AMラジオ局は31日までに、災害で放送できなくなったラジオ局に代わって、他のラジオ局が被災地向けに放送することなどを取り決めた連携協定を結んだ。「防災の日」の9月1日に発効する。

 協定によると、地震や豪雨などで放送設備が被災して放送できなくなった場合、被災を免れたラジオ局が電話回線やネット回線を通じて被災局からニュース原稿を受け取り、被災地向けの緊急放送として読み上げる。

 各局の放送は、互いに隣接県の人口の2%程度が住むエリアで聴取可能という。

 協定には、平常時の放送でも防災、減災に向けた各地域の取り組みを紹介し合ったり、観光地・イベント情報の共通番組を制作したりすることも盛り込まれた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ