PR

ニュース 社会

台風9号、沖縄最接近へ 猛烈な風に厳重警戒を

前のニュース

31日午後1時現在のひまわり雲画像
31日午後1時現在のひまわり雲画像

 大型で強い台風9号は31日、北上を続けて沖縄に迫った。一部の住宅が倒壊したり車が横転したりするような猛烈な風が吹く恐れがあり、気象庁は沖縄や奄美で暴風やうねりを伴った高波、高潮に厳重な警戒を呼び掛けた。頑丈な建物への早期避難、屋内では窓から離れて過ごすといった安全確保が必要だ。

 台風は非常に強い勢力に発達し、9月1日にかけて沖縄に最も接近する見通し。1日朝には中心気圧935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速50メートル、最大瞬間風速70メートル(時速252キロ)に達する可能性があり、非常に危険な状態が続きそうだ。

 台風は沖縄を通過後、東シナ海を北上し、九州に接近する恐れがある。

 台風は31日午後2時現在、那覇市の南約250キロを時速約30キロで北北西に進んだ。中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速40メートル、最大瞬間風速60メートル。中心から半径150キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ