PR

ニュース 社会

台風9号、暴風や大雨恐れ 沖縄や奄美、災害厳戒を

前のニュース

気象庁
気象庁

 大型で強い台風9号の影響で、沖縄や奄美では9月1日にかけて大荒れの天気になる恐れがあるとして、気象庁は31日、暴風やうねりを伴った高波、高潮、大雨による土砂災害や低地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。今後台風9号は勢力を強め、「非常に強い台風」に発達する見込み。

 気象庁によると、台風9号は午前9時現在、沖縄の南の海上にあり、時速約30キロで北に進んでいる。中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径150キロ以内では風速25メートル以上の暴風域となっている。

 9月1日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄50メートル(70メートル)、奄美30メートル(45メートル)、波の高さは沖縄13メートル、奄美11メートル。同日午前6時までの24時間予想雨量は、いずれも多い地域で沖縄300ミリ、奄美100ミリ。その後の24時間では奄美、沖縄いずれも200~300ミリ。

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ