PR

ニュース 社会

西・東日本、大雨の恐れ 土砂災害に厳戒呼び掛け

 西日本と東日本、南西諸島は27日にかけて局地的に雷を伴う非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、気象庁は26日、大雨による土砂災害や浸水、河川の増水に厳重な警戒を呼び掛けた。雷や竜巻などの激しい突風、ひょうにも注意が必要になる。

 北上する台風8号に向かって南から暖かく湿った空気が流れて大気の状態が安定せず、26日は大分県臼杵市で1時間に40ミリを超える激しい雨が降った。

 各地で気温も上昇し、鳥取県米子市や香川県三豊市で38度、京都府舞鶴市や兵庫県豊岡市、島根県益田市、松山市で37度にそれぞれ達した。気温上昇は山越えの風が熱を帯びて吹き下ろすフェーン現象も一因になった可能性がある。

 台風8号は27日朝にかけて黄海から中国大陸に進み、夜までには温帯低気圧に変わる見通し。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ