PR

ニュース 社会

飼い犬助けようと焼死か 49歳男性、犬を抱いたまま

 北海道苫小牧市で18日に住宅火災があり、苫小牧署は25日、焼け跡から見つかった遺体が住人の整体師、木村嘉英さん(49)と判明したと明らかにした。署によると死因は焼死で、木村さんは飼い犬を抱いた状態で亡くなっていた。署は逃げ遅れた犬を助けに向かい、火災に巻き込まれたとみている。

 署によると、木村さんは母親と2人暮らしで、母親は煙を吸い込んだが軽症だった。

 木村さんの遺体が見つかった2階居室の電気配線の損傷が激しく、署はショートして出火した可能性があるとみて、詳しく調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ