PR

ニュース 社会

台風8号、東シナ海を北上 九州中心にしけや強風

前のニュース

25日午前9時現在のひまわり雲画像
25日午前9時現在のひまわり雲画像
その他の写真を見る(1/2枚)

 強い台風8号は25日、九州の西の東シナ海をゆっくり北寄りに進んだ。九州や奄美・沖縄は大しけや強い雨や風が続く恐れがある。気象庁は高波や土砂災害に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると26日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、九州北部18メートル(30メートル)、奄美17メートル(30メートル)、沖縄15メートル(25メートル)、波の高さは九州北部6メートル、奄美と沖縄が5メートル。

 台風は25日午前6時現在、久米島の北北西約290キロの海上をゆっくりと北北西へ進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、中心の東側165キロ以内と西側130キロ以内は風速25メートル以上の暴風域になっている。

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ