PR

ニュース 社会

路上で男性刺殺、同僚の男を刃物所持疑いで逮捕 埼玉・朝霞

埼玉県警本部=さいたま市
埼玉県警本部=さいたま市

 23日午後9時すぎ、埼玉県朝霞市の路上で「人を刺した」と110番があった。駆け付けた新座署員が倒れている男性(58)を発見。上半身に刺し傷があり、搬送先の病院で死亡が確認された。朝霞署は24日、現場近くで血の付いた包丁を所持していたとして、銃刀法違反の疑いで同県新座市畑中、会社員、樋野倉仁容疑者(48)を逮捕。殺人容疑でも調べる。

 朝霞署によると、男性は樋野容疑者の職場の同僚。現場は朝霞市と新座市の境界付近で、2人の自宅が近くにある。同署は、樋野容疑者が何らかのトラブルで男性を刺した後、自ら通報したとみている。

 逮捕容疑は23日午後9時20分ごろ、朝霞市膝折町の路上で正当な理由なく包丁を携帯したとしている。容疑を認めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ