PR

ニュース 社会

【iRONNA発】治水の歴史 信玄の優れた「川除法」 小和田哲男氏

静岡大名誉教授、小和田哲男氏
静岡大名誉教授、小和田哲男氏

 毎年のように各地で豪雨などによる甚大な水害が発生し、治水への関心が高まっている。ただ、近年だけではなく、古代から為政者は水害と苦闘してきた。戦国期の「治水名人」と評される武田信玄もその一人だが、その治水術はどのようなものだったのか。

 武田信玄の領国である甲斐国には笛吹(ふえふき)川と釜無(かまなし)川が流れ、この2つの川は、源流から盆地部分までの距離が短いこともあって、少しまとまった雨が降るとすぐに洪水を引き起こしていた。

 信玄の父、信虎の時代は、このような自然条件を克服することができず、水害被害で国が疲弊していった。結局、そうした信虎に代わり、いわゆる「信玄のクーデター」によって父を駿河に追放し、武田家の家督を継いだ信玄は、国内の安定のため、本格的な治水工事に取り組むことになった。

 現在、「信玄堤」の名で知られる堤防は、笛吹川の万力(まんりき)堤と近津(ちかづ)堤、釜無川の竜王堤などがある。では、信玄が得意とした「信玄流川除法(かわよけほう)」とは、どのようなものだったのだろうか。

石堤「将棋頭」で分流

 竜王堤は釜無川の東岸に築かれた。釜無川の水源地は鋸岳で、甲信国境から南に流れ、いくつかの支流を合わせて次第に水量を増し、甲府盆地へ流れ込んでいる。その支流の一つが御勅使(みだい)川だった。

 この御勅使川、現在はこの字だが、本来は、「みだれがわ」あるいは「みだしがわ」だったのではないかといわれている。「みだれがわ」だと乱川、「みだしがわ」だと水出川で、いずれにしても洪水の元凶といったイメージがあり、御勅使川という字にしたという。実際、釜無川本流と御勅使川の合流地点が洪水常襲地帯となっていた。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ