PR

ニュース 社会

台風8号、北上し発達 沖縄・奄美、災害警戒

前のニュース

気象庁
気象庁

 台風8号は23日午前、沖縄県の久米島の西約300キロを北上した。発達しながら進路を東寄りに変え、24日未明から朝にかけて強い勢力で沖縄本島に最も近づく見込み。気象庁は、沖縄や奄美では暴風や大雨、土砂災害への警戒を呼びかけている。

 台風8号は23日午前7時現在、久米島の西約300キロをゆっくりした速さで北北東へ進んだ。中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。中心から東側95キロと西側75キロは風速25メートル以上の暴風域、東側330キロと西側165キロは風速15メートル以上の強風域となっている。

 24日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄28メートル(40メートル)、奄美23メートル(35メートル)。24日午前6時までの24時間予想雨量は多い地域で沖縄150ミリ、奄美100ミリ。海は大しけとなり高潮や高波にも注意が必要だ。

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ