PR

ニュース 社会

台風8号、沖縄に接近 暴風や大雨に警戒

前のニュース

 22日午前、与那国島の南南西約110キロにある熱帯低気圧が台風8号に変わった。24日には沖縄本島に最も近づく見込みで、気象庁は暴風や大雨、土砂災害への警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、23日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄25メートル(35メートル)、奄美15メートル(25メートル)。24日には沖縄、奄美ともに20~24メートル(25~35メートル)と見込まれている。24日の波の高さは沖縄6メートル、奄美5メートルの見通し。

 また、沖縄や奄美では24日にかけ、大気の状態が非常に不安定となり、大雨となる地域がある。23日午後6時までの24時間予想雨量は多い地域で沖縄300ミリ、奄美100ミリ。

 台風8号は22日午後6時現在、石垣島の北西約70キロを時速約15キロで北北東へ進んだ。中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。中心の南東側75キロ以内と北西側35キロ以内が暴風域。

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ