PR

ニュース 社会

消毒液転売疑いで千葉の会社員を書類送検 埼玉県警

埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)
埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大で品薄となっていた消毒用アルコールを高値で転売したとして、埼玉県警は20日、国民生活安定緊急措置法違反の疑いで、千葉県野田市の男性会社員(21)を書類送検した。

 書類送検容疑は5月下旬~7月上旬、1缶当たり1万円前後で購入した消毒用アルコール3缶をインターネットのオークションに出品し、東京都の男性ら3人に1缶2万円前後で転売したとしている。

 埼玉県警によると、転売したのはドーバー洋酒貿易(東京都)が販売する「パストリーゼ77」。不正を隠すため、「消毒液(中身なし)」などと偽って出品していたという。「小遣いの足しにしたかった」と容疑を認めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ