PR

ニュース 社会

編み物動画著作権めぐり、ユーチューバー法廷闘争

 動画投稿サイト「ユーチューブ」で活動する「ユーチューバー」の富山県の女性(42)が投稿した動画を削除されたのは、該当しない著作権侵害を申し立てされたためだとして、京都市東山区の40代のユーチューバーの女性らに慰謝料など110万円の損害賠償を求める訴訟を京都地裁に起こしたことが19日、分かった。

 ユーチューバーは、ユーチューブで自作映像を配信する人たちの総称。視聴者による広告のクリック数や動画の再生回数に応じた広告収入を受け取るなどしている。原告代理人によると、ユーチューバーの著作権侵害に関する訴訟は初めてとみられる。

 同日、地裁(久留島群一裁判長)で第1回口頭弁論があり、被告側は「弁護士に相談した上で著作権侵害の通知をしており、十分な検討を行っていた」として請求棄却を求め、全面的に争う姿勢を示した。

 訴状などによると、原告と被告はともに編み物を行う様子を動画撮影し、公開しているユーチューバー。原告女性がポーチとブックカバーを作製する様子を撮影した動画2本をめぐり、被告女性が今年2月、自身の著作権を侵害しているとして同サイトに通知。これにより動画は削除された。

 同サイトでは著作権侵害を3回通知されると、動画を投稿する権利「アカウント」が使用停止となり、動画がすべて削除される。原告側は、動画は著作権の侵害に当たらないと主張。動画投稿で月額約1万2千円の広告収入を得ていたのに再度の通知を恐れて新しい動画を投稿できなくなった、と訴えている。

 原告代理人は「編み物は著作物に当たらないとした裁判例も過去にある」としたうえで、「通知があればすぐに消してしまうユーチューブ側にも問題がある」と主張している。

 著作権に詳しい福井健策弁護士(第二東京弁護士会)は「著作物と認められるために重要なのは、作品に十分な独創性があるのかということ。どういう造形なのかが決め手になると思われる」と指摘している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ