PR

ニュース 社会

水遊びの死者2人に、栃木 

 栃木県警矢板署は19日、矢板市の「おしらじの滝」に沈み、18日に意識不明の重体で引き上げられた男性の死亡が確認されたと発表した。友人も死亡しており、犠牲者は2人になった。死亡したのは、前橋市粕川町女淵の会社員、大塚悠介さん(23)と、同市粕川町込皆戸の無職、小林竜輝さん(18)。

 同署によると、死因は溺死。18日に群馬県から男女4人で滝まで水遊びに来ていた。大塚さんと小林さんが滝つぼに足から飛び込み、水底に沈んだ。女性が110番した。滝つぼに入ることは禁止されていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ