PR

ニュース 社会

「あおり同乗の女」とデマ、元豊田市議に賠償命令 東京地裁

 茨城県守谷市の常磐自動車道でのあおり運転殴打事件で、無関係にもかかわらず「同乗者の女」とインターネット上で名指しされ名誉を傷つけられたとして、東京都の会社経営の女性が愛知県豊田市の原田隆司元市議に計110万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が17日、東京地裁であった。田中寛明裁判長は「女性の社会的評価を低下させる」として原田氏に33万円の支払いを命じた。

 判決などによると、原田氏は、女性を同乗の女とするツイッターの投稿とともに、女性の顔写真を自身のフェイスブックに添付し「早く逮捕されるよう拡散お願いします」などと投稿した。女性側は訴状などで、中傷のメッセージや迷惑電話を大量に受けたと主張し、「原田氏が虚偽情報の発信源でないとしても、市議という公的な立場で拡散しており悪質だ」と訴えていた。

 女性側代理人の小沢一仁弁護士によると、これまで拡散や中傷に関係した複数人と和解。ほかにも訴訟のため発信者情報の特定を進めているといい、「(ネット情報が)勘違いの可能性もある。ネガティブ情報に触れたら1次情報に当たるべきだ」などと話した。

 原田氏は女性の提訴後に市議を辞職。原田氏の代理人は判決について「申し上げることはありません」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ