PR

ニュース 社会

死体遺棄疑いで男女逮捕 遺体は48歳女性、胸部外傷 群馬

 群馬県警は7日、川崎市多摩区の無職、清野いつきさん(48)の遺体を群馬県中之条町の川に遺棄したとして、死体遺棄容疑で住所不定の会社員、小船治(34)、埼玉県久喜市の無職、山本結子(30)の両容疑者を逮捕した。死因は外傷性ショックで、心臓破裂や肋骨骨折、頭部損傷も激しく、死亡の状況を詳しく調べる。

 逮捕容疑は7月31日夜から8月5日朝にかけ、中之条町四万の日向見川に遺体を遺棄したとしている。同日午前8時ごろ、釣り人から「中州に遺体がひっかかっている」と通報があった。小船容疑者は容疑を認め、山本容疑者は「手は下していない」と否認している。

 また、遺体が見つかった5日朝前後に吾妻署に複数回、虚偽の通報を入れ、捜査を攪乱したとして、犯人隠避容疑で神奈川県茅ケ崎市の派遣社員、露木優衣容疑者(24)を逮捕した。「言わされただけ」と否認している。

 露木容疑者には行方不明届が出されており、犯行後、宮城県内で南三陸署員が保護した。小船、山本両容疑者も一緒で、所持品の中から清野さんの免許証が見つかったことから、犯行が発覚。吾妻署員が南三陸署に出向き逮捕した。

 身柄を移送し、取り調べるが、清野さんを含めて4人はSNS(会員制交流サイト)を通じて知り合ったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ