PR

ニュース 社会

除名処分取り消しを審決 群馬県草津町長と性交渉告白の新井祥子町議 

 群馬県草津町の黒岩信忠町長と性交渉を持ったと電子書籍で告白し、町議会から除名処分を受けた新井祥子町議(51)による不服申し立てについて、県は6日、除名処分を取り消す審決をした。

 新井氏は、審査が終わるまでの処分の執行停止を県が2月7日付で決定したことを受け、議員活動を続けていた。処分取り消しで、身分が完全に回復する。

 審決書によると、町議会は昨年12月2日、新井氏の議場での発言が「議会の品を傷つけた」として除名処分にした。

 だが、新井氏は電子書籍から引用箇所を議長の指示で読み上げたのにすぎず、「新井氏の言論と評価できない」と認定。電子書籍の配信については「議場外の行為で、議会の運営と全く関係のない個人的行為は懲罰の事由にならない」とし、処分取り消しを審決した。

 黒岩町長は電子書籍の内容が虚偽だとして、新井氏らに損害賠償を求め提訴している。新井氏は6日の会見で、「公正な判断に感謝する。被害を受けた真実は変わらない。裁判でこれから明らかにしていく」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ