PR

ニュース 社会

「考えてSNS投稿を」 急死の木村花さんの母、響子さん「責任追及」を訴え

自民党の「インターネット上の誹謗中傷・人権侵害等の対策PT」に出席後、記者団の質問に答える自殺した女子プロレスラー・木村花さんの母、響子さん=6日午後、東京・永田町の自民党本部(酒巻俊介撮影)
自民党の「インターネット上の誹謗中傷・人権侵害等の対策PT」に出席後、記者団の質問に答える自殺した女子プロレスラー・木村花さんの母、響子さん=6日午後、東京・永田町の自民党本部(酒巻俊介撮影)

 フジテレビの恋愛リアリティー番組に出演していた女子プロレスラー、木村花さん(享年22)が会員制交流サイト(SNS)で誹謗(ひぼう)中傷を受けた後に急死した問題で、母の響子さんが6日、東京都内で報道陣の取材に応じ「人を傷つける発言にならないか、考えてSNSに投稿してほしい」と訴えた。木村さん死去後、響子さんが公の場で取材に応じるのは初めてとなる。

 インターネット上の誹謗中傷対策を検討する自民党の会合に出席後、取材に応じた響子さんは「花がなぜ奪われてしまったのか、明確にしなければならないという思いで来た」と、改めて全容解明を求めた。

 また、誹謗中傷について警察に被害届を出す意向を示し「加害者はすぐ投稿を削除して逃げている。刑事でも民事でも責任を追及できるようにしたい」と話した。番組をめぐってはフジテレビ側が先月、「出演者の意思に反した指示や強要はなかった」とする検証結果を公表している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ