PR

ニュース 社会

団地一室で大麻栽培疑い 営利目的か、男ら逮捕

 千葉県警は6日、千葉市花見川区の団地の一室で大麻を栽培、所持したとして、大麻取締法違反(営利目的栽培、同所持)の疑いで、無職、西崎陽平容疑者(33)=同区幕張本郷=と、会社員、小山真隆容疑者(36)=千葉県八千代市大和田新田=を再逮捕した。

 県警は両容疑者の他にすでに仲間の男2人を逮捕。団地の別室から乾燥大麻約4キロや栽培中の大麻草約80本を押収した。末端価格5千万円以上に相当するという。県警は栽培用に部屋を借り、販売目的で育てていたとみて調べている。

 逮捕容疑は6月上旬、花見川団地の一室で大麻草6鉢を栽培し、乾燥大麻約36グラムを所持したとしている。県警によると、西崎容疑者は「栽培や所持はしたが、営利目的ではない」と容疑を否認。小山容疑者は黙秘している。

 両容疑者を含む男4人は6~7月、別の大麻取締法違反容疑で逮捕されていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ