PR

ニュース 社会

同僚2人を中華包丁で切りつけ 容疑で調理師の中国人逮捕

 勤務先の中華料理店で同僚の調理師2人に中華包丁で切りつけたとして、警視庁小平署は傷害容疑で中国籍の調理師、胡君容疑者(41)=東京都小平市学園東町=を現行犯逮捕した。調べに「以前に嫌がらせを受けたことがある」などと供述しており、詳しい動機を調べる。

 逮捕容疑は5日午後9時10分ごろ、小平市学園東町の店で、日本人調理師の30歳と61歳の男性の頭などに包丁で切りつけ、負傷させたとしている。

 同署によると、閉店後に片付けをしていると、胡容疑者が両手に包丁を持ち無言で背後から切りつけてきたという。2人は命に別条はないという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ