PR

ニュース 社会

介護士殺害、元同僚の男に懲役17年 さいたま地裁判決

 埼玉県東松山市で昨年6月、介護士の渡辺真澄さん=当時(38)=を殺害したとして殺人の罪に問われた元同僚の住居不定、無職、佐々木靖幸被告(42)の裁判員裁判で、さいたま地裁は5日、懲役17年(求刑懲役18年)の判決を言い渡した。

 河村俊哉裁判長は判決理由で、交際関係の継続を拒んだ渡辺さんに佐々木被告が一方的に怒りを抱き、強い殺意に基づいて犯行に及んだと認定した。「被害者を思いやる気持ちが薄く、反省は表面的だ」とも指摘した。

 判決などによると、佐々木被告は昨年6月11日、渡辺さん宅のマンションで、渡辺さんの首をコードのようなもので絞め、小型ナイフで胸を複数回刺して殺害した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ