PR

ニュース 社会

【九州豪雨から1カ月】被災地の高3球児ら最後の夏「プレーで周りを明るくさせたい」

試合後、スタンドの保護者らに感謝のあいさつをする人吉高の尾崎龍馬さん(左から3人目)ら=7月31日午後、熊本県八代市の県営八代野球場
試合後、スタンドの保護者らに感謝のあいさつをする人吉高の尾崎龍馬さん(左から3人目)ら=7月31日午後、熊本県八代市の県営八代野球場

 熊本県など九州地方を中心に大きな被害が出た7月の豪雨災害では、高校球児やその家族も被災した。今も避難所で暮らす野球部員もいる中、熊本県高校野球連盟が独自に開催した大会で7月31日、甚大な被害に見舞われた人吉市にある県立高2校が対戦。球児たちは「自分のプレーで周りを明るくさせたい」との思いで懸命に白球を追った。(橘川玲奈)

 31日午後、県営八代野球場(八代市)で行われた人吉高と球磨工業高の試合。人吉高が0-8で迎えた六回裏、1死一、二塁で打席に立った3年の尾崎龍馬さん(18)は粘って四球を選び、出塁した。後続の打者が右翼に犠飛を放ち、意地の1点をもぎ取る。だが逆転はならず、1-10(七回コールド)で惜敗した。

 球場のスタンドで観戦した保護者らから、選手に惜しみない拍手が送られた。尾崎さんは「勝ちたかったけれど、大変な状況で野球ができてよかった」と振り返った。

 7月4日の豪雨で球磨川が氾濫し、人吉市内は広範囲が浸水。県によると、同市では住宅約3780棟が床上浸水し、20人が濁流にのみ込まれるなどして命を落とした。両校の校舎やグラウンドに影響はなかったが、生徒の約1割が自宅の浸水などの被害を受けた。直後は授業が中止となり、野球部も練習ができない日々が続いた。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ