PR

ニュース 社会

神奈川県公安委 対立抗争で服役した山口組系組幹部に禁止命令

神奈川県警本部
神奈川県警本部

 神奈川県公安委員会は31日、暴力団対策法に基づき、対立抗争事件を起こして服役した指定暴力団山口組系組幹部の男(53)に対し、令和7年6月22日までの間、組側から称賛や慰労の目的で金品の供与や地位の昇格、もてなしなどを受けてはならないとする禁止命令を出した。

 県警暴力団対策課によると、男は平成14年、同県厚木市内で対立する指定暴力団稲川会系組員=当時(32)=を拳銃で殺害したとして逮捕され、懲役18年の実刑判決が言い渡されて、今年6月22日に出所した。男は「分かりました」などと命令を受け入れたという。

 県公安委は23年、山口組の篠田建市(通称・司忍)組長に対しても、男への称賛などを禁じる命令を出している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ