PR

ニュース 社会

前夜からガス充満か 福島・郡山の店舗爆発で現場検証

 爆発が起きた飲食店の跡地で現場検証する消防と県警の捜査員ら=7月31日午前11時、福島県郡山市
 爆発が起きた飲食店の跡地で現場検証する消防と県警の捜査員ら=7月31日午前11時、福島県郡山市

 福島県郡山市で1人が死亡、19人が重軽傷を負う爆発が起きた飲食店「しゃぶしゃぶ温野菜郡山新さくら通り店」の跡地で、県警は31日、原因を調べるため総務省消防庁などと合同で現場検証した。店は改修中で29日の作業が終わって夜のうちに、プロパンガスが漏れて店内に充満し、30日朝の爆発につながったとみて業務上過失致死傷の疑いを視野に捜査する。

 29日は調理場のガスこんろをIH調理器に交換するためコンセントを増設する工事が急きょ行われており、ガスの管理状況とともに爆発との関連を調べる。

 31日午前、雨の中で郡山署員や消防隊員ら数十人が現場で撮影をしたり、がれきの中から爆発原因の特定につながるものがないか探したりした。 爆発は30日午前9時前に発生し、店の内装工事で現場責任者を務める仙台市太白区の会社員古川寛さん(50)が死亡。警備会社の記録から古川さんが建物に入った直後に発生したとみられる。前日の29日午後8時ごろに工事を終えた段階では異常はなかった。 爆発で周辺にいた20~80代の会社員ら19人が骨折などのけがを負った。建物の外側に設置していたガスボンベも一部破損した状態で見つかったが、爆発の衝撃による破損とみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ