PR

ニュース 社会

遺体検出と同成分の薬物を購入 大久保容疑者、1カ月前に 

大久保愉一容疑者(クリニックのHPから)
大久保愉一容疑者(クリニックのHPから)
その他の写真を見る(1/2枚)

 ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の女性から依頼を受け、薬物を投与して女性を殺害したとして嘱託殺人容疑で医師2人が京都府警に逮捕された事件で、逮捕された大久保愉一(よしかず)容疑者(42)が犯行の約1カ月前、女性の遺体から検出されたものと同じ成分の薬物を、宮城県内の医薬品販売会社から購入していたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。府警は事件で使われたものと同じかどうかを慎重に調べている。

 嘱託殺人容疑で逮捕されたのは大久保容疑者と東京都港区の泌尿器科医、山本直樹容疑者(43)。2人は共謀し、ALSで寝たきり状態となっていた京都市中京区の無職、林優里さん=当時(51)=に頼まれ、昨年11月30日、女性宅で致死量の薬物を投与し、殺害したとされる。

 捜査関係者によると、司法解剖の結果、女性の体内からは鎮静剤などとして使われる「バルビツール酸系」の薬物の成分が検出された。宮城県名取市で呼吸器内科と精神科の医院を運営している大久保容疑者は、事件の約1カ月前、同県内の医薬品販売会社からバルビツール酸系の薬物を購入していたという。

 バルビツール酸系の薬物は、医療現場で鎮静剤や抗てんかん薬として使われているが、大量に投与すると呼吸を抑制し死に至ることもあり、欧米では自殺幇助(ほうじょ)団体などが使っている。国内では一般には市販されていないため、大久保容疑者は医師の立場を利用して入手したとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ