PR

ニュース 社会

気象庁が緊急速報をミス 揺れず、震源、規模誤る

高校野球の東東京大会が行われていた大田スタジアムでは、緊急地震速報が発表され試合が中断し、選手がグラウンドに一時避難した=30日午前、東京都大田区の大田スタジアム(桐原正道撮影)
高校野球の東東京大会が行われていた大田スタジアムでは、緊急地震速報が発表され試合が中断し、選手がグラウンドに一時避難した=30日午前、東京都大田区の大田スタジアム(桐原正道撮影)

 気象庁は30日午前9時38分、房総半島南方沖を震源とするマグニチュード(M)7・3の地震が起きたとして緊急地震速報を発表した。その後、国内で有感地震(震度1以上)の揺れは観測されず、震源地や地震の規模を誤ったと分かった。

 実際は午前9時36分ごろ、太平洋の鳥島近海を震源とするM5・8の地震が起きていた。当初発表した震源とは約450キロも離れていた。

 加藤孝志・地震津波監視課長は記者会見を開き「国民の皆さまに多大なご迷惑をおかけしたことを、おわびします」と謝罪。速報技術の精度向上に努めるとした。

 緊急地震速報の対象は福島県、関東甲信、新潟県、東海に及び、最大震度5強を想定していた。津波は発生しなかった。

 JR東日本によると、東北、上越、北陸の各新幹線は東京-大宮間で一時運転を見合わせた。

伊豆諸島付近で地震 緊急地震速報も強い揺れなし

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ