PR

ニュース 社会

東北・北陸で豪雨 特別警報発出の可能性も

雨で増水した秋田県の福部内川のライブカメラ映像=28日午前9時10分ごろ(秋田県提供)
雨で増水した秋田県の福部内川のライブカメラ映像=28日午前9時10分ごろ(秋田県提供)

 気象庁は28日、停滞する梅雨前線の影響で東北や北陸を中心に非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、水位が高まっている河川の氾濫や土砂災害などに警戒を呼び掛けた。両地方は例年、九州などに比べて雨が少なく、少量降るだけで土砂災害などの危険が高まる地域が多いといい、28日夜に大雨特別警報を発表する可能性もあるとしている。

 秋田県は大仙市の福部内川(ふくべないがわ)について氾濫発生情報を出したほか、山形県内でも最上川の支流などで氾濫危険水位を超える所が出ており、両県の一部自治体は一部世帯に避難指示(緊急)や避難勧告を出した。

 気象庁によると、対馬海峡から東北にかけて停滞する梅雨前線などに南西から暖かく湿った空気が流れ込んで大気が不安定になっている。積乱雲が次々に発生して雨を集中的に降らせる「線状降水帯」が発生する可能性もあるといい、日本海側を中心に東北や北陸で29日朝まで雨への警戒が必要としている。

 山形と新潟の一部地点では24時間降水量の記録を更新した。29日午前6時までの24時間予想雨量は、いずれも多い所で東北、北陸200ミリ、東海150ミリ、関東甲信100ミリ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ