PR

ニュース 社会

偽装和牛を販売疑い逮捕、神戸の食肉卸会社前社長 兵庫県警

 海崎容疑者は地元商店街で直営の精肉店「神戸甲南サカヱ屋」を営み、これまでに振興組合で理事を務めたほか、食肉業界の組合理事長などを歴任。食肉のブランド展開をテーマに講演を依頼されたり、神戸市の政策提言会議のメンバーに選ばれたりしたこともあった。

「意図的ではなかった」

 逮捕された海崎孝一容疑者は7月中旬の産経新聞の取材に対し、「意図的ではなかった」と食肉偽装の故意を否定していた。一問一答は次の通り。

 --牛肉の偽装は事実か

 「表示が間違っていたことは事実だが、意図的に偽装したわけではない」

 --偽装の認識は

 「私にそのような意識はなかった。ごまかしてもうけようという考えはない」

 --自身が主導したのか

 「仕入れなどの業務全般は従業員に任せていた。現場の人間も、私が工場に入って仕事をしているのは見たことがないと思う」

 --不正による利益は

 「(牛肉も豚肉も)遜色のない商品を出していた。目先の利益のためにこんなことはしない」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ