PR

ニュース 社会

女性が主治医にも安楽死求める 嘱託殺人

大久保愉一容疑者(経営するクリニックのホームページから)
大久保愉一容疑者(経営するクリニックのホームページから)

 難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の女性から依頼を受け、薬物を投与して女性を殺害したとして医師2人が京都府警に逮捕された事件で、女性が主治医に胃瘻(いろう)からの栄養補給の中止などの手段で安楽死を求めていたことが28日、関係者への取材でわかった。主治医は拒否しており、京都府警では、殺人を依頼する原因の一つとなった可能性もあるとみて慎重に調べている。

 嘱託殺人容疑で逮捕されたのは仙台市泉区の呼吸器内科医、大久保愉一(42)と東京都港区の泌尿器科医、山本直樹(43)の2容疑者。共謀し、ALSで寝たきり状態となっていた京都市中京区の無職、林優里さん=当時(51)=に頼まれ、昨年11月30日、女性宅で致死量の薬物を投与し、殺害したとされる。

 関係者によると、女性は昨年9月ごろから主治医に対し、「死ぬために栄養を減らしたい」など胃瘻からの栄養補給の中止を提案していたが、主治医側は自殺幇助(ほうじょ)にあたるとして拒否したという。女性は翌10月、山本容疑者の名前を出して主治医の変更を希望したが、主治医は認めなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ