PR

ニュース 社会

列島各地で大雨の恐れ 土砂災害や河川氾濫に警戒

7月27日午後6時現在のひまわり雲画像
7月27日午後6時現在のひまわり雲画像

 気象庁は27日、九州北部で28日昼前にかけて、東日本や東北では同日夜にかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあるとし、大雨による土砂災害や低地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。特に、九州北部ではこれまでの大雨により、土砂災害の危険度が非常に高まっている地域がある。

 28日午後6時までの24時間予想雨量は、いずれも多い地域で、東北200ミリ、北陸、九州北部180ミリ、東海120ミリ、関東甲信100ミリ。その後の24時間では、北陸100~200ミリ、東北、関東甲信、東海100~150ミリ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ