PR

ニュース 社会

ボーガンで夫を殺害未遂 神戸、容疑で33歳妻逮捕

兵庫県警本部=神戸市中央区
兵庫県警本部=神戸市中央区

 自宅アパートで無職の夫(36)をボーガンで撃ち、さらに包丁で切り付けて殺そうとしたとして、兵庫県警兵庫署は26日、殺人未遂の疑いで、神戸市兵庫区夢野町、無職、樽井未希容疑者(33)を現行犯逮捕した。夫は首を切り付けられて病院に運ばれたが、命に別条はない。

 逮捕容疑は26日午前5時50分ごろ、自宅のアパートの寝室で寝ていた夫にボーガンを撃ち、矢が頭部をかすめたことで目を覚ました夫の首を包丁で切り付けた疑い。

 署によると、夫が包丁を取り上げると、樽井容疑者が「夫を包丁で刺した」と110番した。

 兵庫県では、宝塚市の住宅で6月、家族ら4人がボーガンで撃たれ死傷する事件が起きたばかりで、県はボーガンの所有者に住所や氏名を県に届けるよう義務づける条例の制定を目指し、検討を進めている。

 署は樽井容疑者がボーガンを入手した時期や経緯を調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ