PR

ニュース 社会

豪雨で孤立の豚…陸自ヘリが救出 熊本・球磨

豚を救出する陸上自衛隊のヘリ=16日、熊本県球磨村(防衛省提供)
豚を救出する陸上自衛隊のヘリ=16日、熊本県球磨村(防衛省提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 熊本県球磨村にある種豚場「そそぎ種豚場」は、今回の豪雨で、111頭のうち半数以上が濁流に流されるなどの被害を受けた。被災後も道路が寸断された状態が続いたため、難を逃れた豚も孤立。陸上自衛隊のヘリコプターが救出した。

 種豚場では、種豚のほか年間約80頭しか出荷しない「一勝地赤豚」も飼育。肉は甘みがあり、脂身もさっぱりとした味わいで、人吉市や球磨村の旅館などで提供されるブランド豚だ。

 4日の大雨で豚舎1つが土砂崩れに巻き込まれ、他の豚舎も浸水。経営者の淋博道さん(66)は毎日何回も、自宅と豚舎を行き来。生き残った54頭の世話を懸命に続けた。

 しかし、孤立状態は解消されず、餌が尽きそうになった。家畜保健衛生所に助けを求め、16日、陸自ヘリによる異例の家畜救出活動が実現。種豚17頭と赤豚10頭を1頭ずつつり上げ、別の農場に移した。

 淋さんは「一部だけでも救出してくれて本当に助かった」と話している。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ