PR

ニュース 社会

飲酒運転で高速逆走、4人死傷 容疑で男を書類送検

 大阪市西区の阪神高速池田線で昨年12月、逆走した軽乗用車が乗用車と正面衝突し、4人が死傷した事故があり、大阪府警高速隊は20日、飲酒運転で事故を起こしたとする自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)容疑で、軽乗用車を運転していた当時会社員の男(31)を書類送検した。容疑を認めているという。

 書類送検容疑は昨年12月27日午後10時半ごろ、飲酒によって正常な運転ができない状況で軽乗用車を運転し、阪神高速の出入橋出口から逆走。直後のカーブで乗用車と正面衝突し、同乗していた同僚の27歳と50歳の男性を死亡させたほか、乗用車の20代の夫婦にも軽傷を負わせたとしている。

 府警によると、男は事故直前に職場の忘年会に参加し、飲酒していた。事故の状況については「よく覚えていない」と供述しているという。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ