PR

ニュース 社会

「のんたん」放置死の母、自身も虐待経験 持ち得なかった「親のモデル」

梯沙希容疑者と稀華ちゃんが暮らしていたマンションの居室。ベランダには物が散乱していた=東京都大田区蒲田
梯沙希容疑者と稀華ちゃんが暮らしていたマンションの居室。ベランダには物が散乱していた=東京都大田区蒲田
その他の写真を見る(1/2枚)

 ベランダに無造作に置かれた大型のごみ箱。室内はひび割れたすりガラスの窓ごしでも分かるほど、ごみを入れたポリ袋が山積みになっている。6月上旬、東京都大田区蒲田のマンションのこの一室に1人で放置された梯稀華(かけはし・のあ)ちゃん(3)は激しい脱水症状を起こし、飢えに苦しみながら亡くなったとみられる。娘をかわいがっていたとされる母親の沙希容疑者(24)はなぜ、ネグレクト(育児放棄)に至ったのか。

●昨年3月に状況一変

 沙希容疑者は平成26年に上京した。28年に稀華ちゃんを出産後、交際男性と結婚したが離婚。JR蒲田駅から徒歩5分ほどの1DKのマンションで29年7月から稀華ちゃんと暮らし始めた。当初は乳幼児健康診査を受診させ、30年8月には保育園に入園させた。近所のコンビニにもたびたび親子で訪れ、「のんたん」と呼んでかわいがる姿が目撃されていた。

 状況が一変したのは昨年3月ごろ。保育園への通園が止まった。直前の2月には沙希容疑者のインスタグラムに《朝7時近くまで飲んでたでやばかったわ》との投稿も。居酒屋で働く沙希容疑者は、自宅に稀華ちゃんを1人にして出勤するようになり、友人との飲み会やパチンコ通いなどで未明に帰宅することもあったという。

 稀華ちゃんは昨年12月に予定された3歳児健診を受診せず、コンビニにも姿を見せなくなった。「旦那が留守番してる」。沙希容疑者はオーナーの女性にこう虚偽の説明をしていた。稀華ちゃんは今年5月上旬以降、外出の形跡がない。

●「突然放置」

 この時期、沙希容疑者はネグレクトの傾向を強めていったとみられる。捜査関係者によると、5月に4日間、鹿児島県を訪れ知人男性と会った。6月にも8日間、鹿児島へ旅行し男性に会い、13日に帰宅して死亡した稀華ちゃんを発見したとみられる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ