PR

ニュース 社会

熊本県、事前のPCR検査要請を検討 豪雨応援職員コロナ感染

 「熊本に派遣されていた保健師にコロナの陽性が出ました。不安な方も多いと思うので、希望者は今からPCR検査を受けてください」。13日夜、豪雨で甚大な被害を受けた同県球磨(くま)村の住民らが身を寄せる同県人吉市立第一中学校の避難所に校内放送が流れた。同村で被災し、避難した永椎(ながしい)美穂子さん(64)は「避難所では多くの人と接するので密が避けられない場合もある。今後も避難所生活が続くので不安」とこぼす。

 避難者へのPCR検査が行われた避難所は、同村が運営する同中学と旧県立多良木高校(同県多良木町)の2カ所。同村の職員は「球磨村は小さな自治体で、支援がないと乗り越えていけない分、歯がゆい思いだ」と話した。

(尾崎豪一、中井芳野)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ