PR

ニュース 社会

110番で「被害者」装う? ホテルで現金要求の女ら20件以上通報 ほかにも恐喝被害か

警視庁外観=東京都千代田区
警視庁外観=東京都千代田区

 出会い系の飲食店や、ウェブサイトで知り合った女らとホテルに入った男性が現金を脅し取られるなどする被害が東京都内の繁華街で相次いでいる問題で、警視庁に恐喝未遂容疑で逮捕された女2人が平成30年以降、「盗撮された」などとトラブルを訴える110番通報を20件以上していたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。新宿署は女らが被害者を装い、警察に通報するなど同様の手口で、他の男性からも金品を脅し取った疑いがあるとみて調べている。

 逮捕されたのは、いずれも新宿区に住む無職の小泉絢美(21)、駒沢しおり(22)の両容疑者。2人は「裸の動画を撮られたので示談金を請求した」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は6月23日夜、同区歌舞伎町のホテルで、40代の男性に盗撮されたと因縁をつけ「60万円払え。警察を呼ぶ」と脅したなどとしている。駒沢容疑者は「盗撮された」と110番通報したが、男性は示談に応じず、被害を届け出た。

 同署によると、小泉容疑者と駒沢容疑者は出会い系サイトで料金を示し、わいせつな行為をする相手を募集し、男性と知り合った。

 両容疑者は30年以降、同区内で盗撮や付きまといなどを訴える110番通報を20件以上していた。うち6件は「出会い系サイトで知り合った男に盗撮された」と被害を訴える内容で、同署は、示談金名目で現金を脅し取る行為が他にもあったとみて、捜査している。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ